SM変態LOVERS

女王様はこんなオスブタが好き

SM出会い

「最近のM男はだいぶわかってくるようになった。」と知り合いの女王様が言いました。
“いろんな人がいるけど男性はちゃんと学習して成長しようとするからいいのよね。かわいいわ。”そう話す女王様は本当にM男が大好きで女王様であることに幸せを感じているのでしょう。

形だけの女王様は、テカテカの衣装を着て、鞭や蝋燭を持ちSMプレイをするだけの女王様だが、自分が分かっている女王様は賢くて美しくて、オーラが女王様なのです。

そんな女王様に愛されたいと思いませんか?

女王様は賢い人が多い

賢いとは頭の賢さのことだけを言うのではない。もちろん語学堪能な女王様。高学歴の女王様など様々な女王様がいらっしゃる。阿保だとできないというわけではないが勉強熱心な女王様は多い。いろんな場所に行き、いろんなモノをみている女王様。人を喜ばせ、楽しませる。人を理解するには自分だけではなく人を知り、話しのわかる賢さを持たなければならない。
M男の気持ちを理解するために調教の受け手になることもある。いろんな人の趣味嗜好を理解し何でもできるようにするために陰ながらの努力を惜しまない。
だから女王様は女王であり美しいのです。

礼儀正しいM男が好き

賢い人というのは礼儀正しい人を好みます。全ての人が品位ある完璧な人を望むわけではなく、マナーを守れる人、空気が読める人というように大人の対応ができる人が好きなのです。プレイ中はどんなに醜く無様でも構いません。体だけではなく心身ともに大人である人が好きなのです。

形は案外どうでもいい

ほとんどの女王様?エナメルなどのテカテカ素材の衣装を着てますよね。その方が女王様もM男も気持ちが入るというのもありますし、手入れも楽というのもあります。(シミとか汚れなど落としやすいなど)そういった衣装フェチの場合は仕方ないと思いますが、ラバー衣装以外認めないというM男も中にはいます。愛しい女王様と一緒の時間を過ごし調教を受けることに幸福を感じるはずが、ちゃもんをつけるのはいかがなもんかと。流石に上下スウェットで調教をなさる女王様はいませんが本来どんな格好でも愛おしいと感じるのが真のM男ではないでしょうか。

変態性を打ち明けてくれるM男が好き

お互いの時間を充実させ素晴らしいものにするためにはM男が自分自身の秘密を開放しなければなりません。初めは恥ずかしさや緊張があっても徐々にその変態な自分をオープンにしていく。そして何度もイッてしまうかわいいM男に女王様は興奮します。
なんでも受け止めてくれる器の広い女王様に身を預けどんどん変態になりイッてください。

関係を求めてくるM男は嫌い

イコールSEXのM男。いますね。それありきだとお互いわかっていればいいのですが、必ずしも穴に棒をぶち込む原始的な快楽は求めてません。
双方が気持ちよく感じれるのは、弄ばれ何度もイッてしまうM男を感じたときに女王様も楽しさと喜びを感じ、変態行動でオーガズムを感じているM男はその快楽に溺れる。徐々に開発されていく体と心。昨日できなかったことが今日はできるようになった。大の大人がこんなあられもない姿で射精してしまった。そのみっともなさと表には出せない秘密の時間が女王様とM男の関係を深めていきます。とても素晴らしい時間ですね。

こんなにも自分に素直に、気持ちよくなれるのはSMという世界だけではないでしょうか?女性に責められたい願望がある男性諸君は性別を取っ払って純粋な快楽を追求していってもらいたいです。

SM出会い

カテゴリー:女王様出会い

スマホ/携帯版はコチラ

スマホ/携帯版 SM変態LOVERSはスマホや携帯からでもご利用頂けます。i-phone/アンドロイドその他全てのスマートフォンに対応

SM相互リンク

変態ボイスでエクスタシィィ!!

電話の向こうにいるのは犯されたくて仕方ないマゾな素人女だッ!!!言葉責めッ、暴言ッ、調教命令ッッでオナニー命令でイカセまくれッ!
イカせたあとに優しい言葉をかけてやればあなたにホの字に

逆アクセスランキング

アクセスランキング

お便り募集

SM変態LOVERSでは皆様からの調教体験談やSMに対する心構えなどのご意見を募集しています。 秀逸なお便りは当サイトでご紹介するような場所を設置したいと考えています。 出会いの幅が広まる様な仕組みになると思います。 こんなお便りまっています。

  • SM体験談 できるだけ詳しく聞かせてください。
  • 妄想体験談 こんなプレイがしてみたいなどの願望を教えてください。
  • SMに対する心構え 貴方のSM観を存分に聞かせてください。
  • 理想のパートナー 貴方が思う理想のパートナを詳しく聞かせてください。
  • 引き続き相互リンク募集中です♪
Return to Top ▲Return to Top ▲